皆さん、おはようございます。


Kです🙂


日本での4ヶ月と12日の滞在を終え、オーストラリアへ帰ってきました🥺


本当はもっともっと日本にいたかった。


もっと家族といたかったです。


今までの一時帰国では、こんな気持ちにならなかったけど、


初めて目が腫れるほど泣いてしまう人の気持ちがわかった。


人それぞれ、背負っているものや環境、境遇、考え方、感じ方が違うから


答えはひとつじゃない。


今出来ることをできる範囲でやるしか無い。


私たちはスーパーマンでも超パワーを持つミュータントやスパイダーマンでもない。

魔法使いでもない。


だから、尊さを感じることができるんだと思います。


滞在中、家族には沢山お世話になりました。


仕事が忙しい姉は毎日のように顔を見せにドライブスルー並の時間で

来ては仕事に向かい


たまにある休みにも体を休めることなく会いに来てくれました🥺🥺🥺


Kの兄は料理上手で、食べ過ぎて太ってしまうほど😋🍴✨

(いやいやいや、間食し過ぎだったでしょ)

毎日母と10km近く歩いていたのに、逆に太った不思議🐷


実家では雪を久しぶりに見て

20220113_162124


梅の花も見て

20220128_111455


道端でとったフキノトウの天ぷらも食べて

20220305_165459



母のお友達の料理上手なIさんから沢山の料理の差し入れをいただき


『コロナじゃ無ければもっと色んなところ行けたのになぁ』


と思いながらも、


家で家族としかできないことをギュ~っと濃縮して出来た


とても濃い4ヶ月と12日でした。


父と母のツッコミ不在の漫才コンビのような日常に


Kがツッコミを入れながら


みんなでニヤニヤした時間が既に恋しい🥺


2人とも韓流ドラマにはまり、


今はキム・サブ2を画面にかじりついて見ています。


Kは冬のソナタくらいしか見たことが無かったけど


日本に帰ってきてから『恋はビューティフル、人生はワンダフル』を見て


面白いと思いました。


今は映画や音楽、エンターテイメントで韓国が人気ですよね。


昔はある一定の層でしたけど


今はもう全世代と言った感じ。


日本は日本で人気なもの、注目されているものがありますが


Kは日本の良さとはやはり四季の自然を美しむ心と


日本人そのものの心だと思っています。


それは表立つものではなくて


過剰に作り上げられたものでも無く


調和、尊重、ありのままのものを美しいと思える


感受性の高さ。


困難な状況でも耐えることが出来る強さ。


相手を気遣う心。


"それは教えられた"というよりも


代々生活の中で育まれ、自然と受け継がれたものなんだと思います。


日本人である事、Kは嬉しく思います。




さて、帰国に関しての情報を書きたいと思います。



必要なのは

①72時間以上前のDigital passenger declaration.
②フライトから72時間以内のPCRの陰性証明書英文
③ETA(電子渡航許可証)申請←これは永住権を持ってない人ですね。
④ワクチン接種証明書


かな。

Kは日本の羽田空港からシドニー、そのまま乗り継いでケアンズへ飛びました。


まず、デジタルパッセンジャーデクラレーション約してDPD 。

1週間前から申請可能になります。しかし、Health informationだけはロックがかかっていて出発から72時間前にならないと入力出来ません。

なので『フライトから72時間前までに完了させなきゃいけないのにどうしよう(´;ω;`)』とKみたいにならなくても大丈夫です。

先にTrip detailsとquarantine details を記入しちゃいます。submitしても確か変更があれば記入し直せたと思います。

Health informationでワクチン証明書はバーコードをスキャンか記入。
PCRの結果はスクショです。

そして最後に入力が終わって全てsubmittedになったら、そのページスクショしてコピーしておくといいと思います。

20220321_073743

ちなみにセブンのfreewifi 通信でケータイからそのまま送れるのでusbとかSIMカードとか必要無いです。

パソコンないけど手元にある紙をPDFファイルにしなきゃ・・・という方

スクショした写真や写真に撮ったPCRの結果をケータイアプリでPDFにできます。

Kはcam scannerというやつを使っててとっても便利。超おすすめです。



次にPCRの陰性証明書か24時間以内のRATの陰性証明書(勿論英文)でもRATは州によって受け入れしてるかどうか分からないので調べた方がいいし

不安ならPCRを病院でやった方がいいかも。


Kはまず良心的な値段のPCRのクリニックを都内で探し、

それからホテルを予約しました。


地元が田舎過ぎてPCRの検査費高いし、英文の陰性証明書がかけるかも不安だったので


都内であればPCR希望者多いですし、外国人の方も多いので対応できるだろうし

1番は結果が出るまでに速い。

Kは恵比寿の ワンクリニック恵比寿 というところで受けました。

¥16600です。時間帯によりますが午前中行けば午後には受け取れますし、


Kは14:00に行って、21時に受け取りました。


他のクリニックは3万4万とかする中、このクリニックさんは安かったです。


ワクチン接種証明書はオーストラリアから日本に来る時にプリントアウトして持ってきたやつの使い回しで大丈夫でした。


羽田のカウンターで全部の証明書を見せたくらいで、シドニーでは何も提示を求められませんでした。

パスポートに全てリンクしてるのかな。


だから着いてから入国できませんっていうのは無かったです。

シドニーについてから他の州に行く人はそのまま無料バスで国内線まで移動できます。ただ、8時間以上乗り継ぎ時間がある人はRATしなくちゃいけなかったと思います。多分。もしくはシドニーから乗り継いで海外行く人か。


KはケアンズなのでケアンズについてからRATをしました。州によって色々違うみたいですね。


が、Kにはシドニーで心配事が。


乗り継ぎ大丈夫かな・・・。


元々乗り継ぎが6時間あるチケットだったのにJALさんが時間を変更したので乗り継ぎが2時間半になったんですよ。


普段はジェットスターでケアンズ~日本直行便。

でも今回はシドニー乗り継ぎ。


シドニーって検疫とか厳しいって聞いていたような。


姉に貰った梅干しと、魚の入った和だしや鶏だし。


あとパパへのお土産の砥石。


お香も竹だし、その他もろもろ、スーツケース開けられたら時間かかりそうな感じ。


しかも大きいスーツケース2つでしたから。


しかし嘘をつくといけないので申請書には正直にチェックを入れました。。。


荷物チェックのカウンターまでやってきて、男性スタッフが私の申告書をチェック。


スタッフ『中に何が入ってるの?』


K『魚のだしです。料理用の。。。』


緊張してそれ以上伝えるのに口が開かず(笑)


決して嘘をつく意図はなく、ただただ緊張してました。だって父から預かった砥石没収されたらどうしようってガクブルでしたもん。

しかし、Kが続けるまもなく


『Go home, love!(行っていいよ!)』


って言って貰えました🥺🥺🥺🥺🥺


これも日本のパスポートのおかげかもしれません。


日本は信頼度高いですしね。


ありがたやありがたや🙏🙏🙏


思いのほか早く入国でき、乗り継ぎ時間も余裕でした。


良かった。


ちなみに、海外に住んでいて羽田空港を利用して日本から住んでいる国に帰国される方


羽田空港の免税店17:00に閉まります。



Kのフライト21:35だったので、少し早めの18時に行って


免税店で買い物する気満々だった😭😭😭😭😭


本っ当に全部閉まってます。


お土産購入の最後の砦だと意気込んでいるあなた。


なんにも買えないというミラクルが起こりますよ。


ホントに小さい本と小物がお土産として売られている1店舗だけ、あいてました。

なので、17:00以降のフライトの方、


お土産は都内で済ませた方が良さそうです。


もしくは空港に直接問い合わせて見てもいいかもしれませんね。





さて、ケアンズは30℃近く日本よりもムシムシ暑いです。


Kのわがままボディ🐷をこの暑さでなぶり、


引き締めてやりたいと思います。


それでは👋👋👋👋👋👋










オーストラリアランキング